初心者がWebライターを副業でやってみて失敗した3つのこと

どうも、ゆす(@yusublog)です。

最近、副業が解禁された会社が増え、副業を始める方も多くなりました。

その中でもプログラミングやイラストレーターなどと違い、特にスキルもなく始められるWebライターは今人気があります。

ただ、誰にでもできるからこそ、足元をみられて安請負をしてしまったり失敗しやすいのがWebライターです。

今回は私が初めてWebライターをやった時の失敗談とその対策を紹介します。

これからWebライターを始めようと思ってる方は是非ご覧ください。

Webライターの始め方

ブログをやっていて月何万PVもある方、ベテランWebライターの方なら相手方(企業やブロガー)からお誘いが来たりします。

しかし、これからWebライターを始めようという方はそんなお誘いはまずないです。

では、どうやって始めるか。

これからWebライターをしたいという方は、クラウドソーシングから始めるのが一般的です。

クラウドソーシングとは、ざっくりいうとネット上で企業や個人がある仕事を行ってくれる人を募集して、応募してくれた人に仕事を任せることです。

その募集を行っているサイトは色々ありますが

が大手2社で案件も充実しているので、とりあえずはこの2社に登録しておけば間違いないと思います。

私も実際この2社に登録してWebライターとしての仕事を始めました。

Webライターを副業でやってみて失敗したこと

では、ここからは本題のクラウドソーシングに登録して実際にWebライターをやってみて失敗したことを紹介しておきます。

同じような失敗をしない為にも観て頂けたらなと思います。

単価を下げ過ぎて失敗

クラウドソーシングでは1文字2円から、1文字0.2円やそれ以下まで様々な案件があります。

私は最初、文字単価が高いのは色々厳しそうだし、まずは安いところで経験をしてから文字単価を上げていこうと思ってました。

文字単価が高いところは募集倍率も高そうだし、受かったとしても色々求められることのレベルが高そうだと思ったからです。

そこで最初に応募したのが、1文字0.2円の案件でした。

応募したところすんなりと受かり(文字単価激安なんだから当たり前)、1記事2000文字程度書いてくださいと依頼を受けました。

ゆす

ブログも普段書いてるし、2000文字程度なら余裕でしょー

この考えが甘かったです。

まずブログと違い、自分で何を書くか決められないのでよくわからない、知識不足のことも書かなくてはいけないことが多いです。

そうすると、まずは調べなくてはいけません。

これがかなり時間がかかりました。

調べるだけでも2時間くらいあっという間に過ぎます。

そこから書く作業です。

ゆす

初心者OKの文字単価0.2円の案件だし、そんな細かいこと言われないでしょ

これも考えが甘かったです。

実際に経験してわかったことですが、1文字2円以上の案件も1文字0.2円の案件もさほど求められることは変わらないです。

普通にダメだしもされますし、書き直しもします。

そうして書き直したりしているうちに、なんだかんだ1記事を書くのにトータル4時間くらいかかりました。

0.2円×2000文字=400円

400円÷4時間=100円/時

そう、時給100円で私は最初のWebライターとしての仕事を終えました。

もう、Webライターなんてやめたいと初っ端から挫折しそうになりました(笑)

もちろんこれは、私の能力不足のせいでもありますが…

これを観ている方に伝えたいのが、絶対に文字単価が安すぎるのは受けてはいけないということです。

全くの初心者でもできれば文字単価1円、最低0.5円で受けましょう。

なかなか受からないこともあるかもしれませんが、安請負して挫折するより1,000,000倍マシです(笑)

ライティングに関しては、こちらの沈黙のWebライティングという本を1冊読んでおくといいです。

ライティングに関して一通り学ぶことのできる良書で、多くのブロガーやライターの方がおすすめしています。

そして時間がかかってもいいので、丁寧に調べて書きましょう。

それを繰り返していくうちに、依頼された方の満足度の高い記事が書けるようになるはずです。

掛け持ちしすぎて失敗

記事を書くのに時間はかなりかかることは上でお伝えしました。

特に書き始めの頃は4時間くらい平気でかかったりします。

そんな中で最初から掛け持ちで依頼を受けてしまうと、時間が足りなくなります。

私も最初は3件掛け持ちしてましたが、毎日記事を書くことに追われていっぱいいっぱいになってました。

その案件が週に何記事の納品を求められるかにもよりますが、自分の執筆ペースがわからない内から複数の案件を掛け持ちするのは避けた方が無難です。

ジャンルを選ばな過ぎて失敗

ジャンルは知識や経験があって書けそうだなと思えるジャンルを選ぶのが無難です。

もし知識や経験があるジャンルがなかった場合は、自分が興味を持てるジャンルかどうかが重要です。

私は最初応募しようとしたときに、知識や経験のあるジャンルの募集がされてませんでした。

そこで、大した勉強もしなくて良いし書きやすそうだなというだけで、トレンドブログの記事制作の案件を受けました。

これが大失敗でした。

たしかに書きやすかったです。

芸能人やスポーツ選手のプロフィールや恋人の噂を書いておけば良いだけでしたから。

ただ、それよりも書いていて退屈でしたし、むなしさがありました。

 

〇〇さんの彼女は?結婚したって本当?

調べてみたけど、わかりませんでした。

 

こんな感じの記事ばかりです。

記事のキーワードとタイトルは決められるのでこちらからは決められません。

こんな記事を書いていて何の意味があるのでしょうか。

私が読者なら

ゆす

わからないなら、書くんじゃねーよ!!

と思います。

はっきり言ってゴミ記事ですよね。

でも発注者の方はこれで良いと言ってました。

なんだかトレンドブログの悪口になってしまいましたが、お伝えしたいことは多少難しそうだなと思っていても、自分が興味を持てる・勉強したいと思えるジャンルにしたほうが絶対良いということです。

もちろん知識や経験があるジャンルが募集されているならそのジャンルに越したことはないです!

ただ、私のように安易に書きやすそうというだけで、知識や経験もなければ興味もさほどないジャンルを選ぶのはやめた方が良いと思います。

おわりに

副業でWebライターを始めて失敗した3つのことをお伝えしました。

今回の記事をまとめると

  • 文字単価は最低0.5円以上、できれば1円で受ける
  • 自分のペースがわかるまで、掛け持ちはしない
  • 書きやすそうだからといって、興味のないジャンルを選ばない

となります。

これから副業でWebライターを始めるあなたの少しでも参考になれれば、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です