腕時計のメタルバンドの汚れはポリデントで簡単に落ちます

毎日つけてると腕時計のバンドの皮脂汚れ目立ってきませんか?

金属製のバンド(メタルバンド)は特にバンドの隙間は汚れが溜まりやすく、歯ブラシなどで落とそうとしてもなかなか落ちません。

実はその汚れ、ポリデントなら簡単にしかも綺麗に落とせます。

ポリデントってあの入れ歯を洗うやつ?って思われた方。

それです。あの入れ歯洗浄剤のポリデントです。

これ。THIS.

 

では早速ポリデントで腕時計のメタルバンドの汚れを落とす手順と注意点、実際どのくらい汚れが落ちるのかをお見せしようと思います。

手順

①ポリデントを40度くらいのぬるま湯の入った容器に入れてバンドを浸ける。

容器は何でもいいけど、紙コップなんかあれば使い捨て出来るので良いかと。

※ポリデント1個に対してぬるま湯150ml

このように割りばしを使うと、本体は浸けずにベルトだけを漬けることが出来ます。

※万が一の故障の可能性がある為、防水性の時計でも本体は浸けないほうが安全だと思います(私は普段は本体ごと浸けてしまってますが、自己責任で)

②15分ほど浸ける(長く浸ける分には問題ないそうです)

③取り出して、キッチンペーパーなどで水分をふき取る。(防水なら水でさっと流してもOK)

以上です!

簡単でしょ?

こちらが拭き取った後の時計。ピカピカになりました!(beforeを撮り忘れた愚か者ですみません)

ちなみに浸けた後の容器の水はこんな感じ。

黒くて細かい汚れが浮いてるのがわかりますか?

これメタルバンドの隙間に入り込んでた汚れです。

私は1ヶ月に1回洗浄してるのでこのくらいの汚れですが、初めてやった時計は恐ろしいくらい汚れが落ちると思います。

こんなの腕につけてたのか…と引くレベルだと思います。

普段腕時計の手入れや掃除をしてない人ほど是非試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です