ビジネスシューズは絶対に綺麗に手入れしたほうがいい理由

どうもyusuです。

ビジネスマンの皆さん、仕事用の靴はきちんと手入れしてますか?

汚れていたり踵がすり減ったりしていませんか?

電車などでスーツや髪型はビシッとキメてるのに靴が汚れていたり踵がすり減っている方をちょくちょくみます。

そういう方をみるたびに

なんでだよ!なんでそんなにビシッとキメてるのに靴には注意がいかないんだよ!!!!!

と心の中でつっこんでしまいます。

 

スーツには気を使っているのに、靴にはあまり気を使わないビジネスマンの方結構いるのではないでしょうか。

それはすごく勿体ないことだと思います。

思っている以上に人は他人の靴をみています。

欧州ではスーツよりもまず靴にお金をかけなさいと言われてます。

良いスーツよりも良い靴の方が、見栄えが良くなるからです。

反対にどんなに良いスーツを着ていても靴が汚れていたり踵がすり減っていたら見栄えは悪くなります。

日本でも足元を見るという言葉が古くからあるように、足元=靴というのはその人がどういう人なのかを見極めるのにつかわれています。

靴が汚い人は第一印象でどうみられるか。

それは仕事が出来なそうです。

自分の仕事道具を疎かにしている人が、仕事が出来るとはとても思えないですよね。

綺麗な靴を履くと気分が良い
きちんと手入れされた綺麗な靴を履くと、気分が軽やかになります。
背筋も伸び、自信を持たせてくれます。どうぞ好きなだけ足元を見てくださいという感じになります(笑)
ビジネスだけでなく恋愛面でもきちんと手入れされた靴は好印象

上記は、マイナビニュースが20代から40代の女性302人に調査した「男性のビジネスシューズについてのアンケート」の結果である。見ると、「ビジネスマンの足元(靴など)が気になる」と回答した人は、62%以上と約5人に3人。女性から、かなりの注目を集めていることが分かる。

女性や一般的に男性よりも見た目に気を使っています。

そしてそれは異性に対しても同様だと思います。

マイナビニュースより引用

こちらに至っては9割を超えています。

靴に気を使えるかどうかはビジネスだけでなく女性からの印象も左右されるといっていいのではないでしょうか。

良い靴を買うと綺麗に保とうとする

靴が汚い人はなぜきちんと手入れをしないのか。
それは、適当に安い靴を買って履きつぶしてダメになったら買い替えればいいやって思ってるからだと思います。

なので、まずはそれなりに良い靴を買うことをおすすめします。

何十万もするのを買う必要はありません。

スコッチグレインは3万円台で買えて質も良いです。

また踵や靴底がすり減っても交換できるのできちんと手入れすれば10年から20年は履けるので長い目でみれば安い靴を買って履きつぶすよりも経済的です。

3万円台でも1万円前後の靴とは磨いた時の艶が全然違います。

こちらの画像はスコッチグレインの匠という靴ですが、もう6年程履いてます。

このくらいの靴を買うと履きつぶすのは勿体ないと思って丁寧に履いて手入れもきちんとすると思います。

というか、私がそうでした(笑)

社会人3年目くらいまでは1万円もしない靴を買っては半年ももたないで履き潰すを繰り返してましたが、スコッチグレインに変えてからは手入れする事の楽しさを知り雑な扱いをしなくなりました。

スコッチグレインについてはこちらで詳しく書いてるのでよかったらご覧ください。

[blogcard url=”https://yusublog.com/2019/10/12/scoth-grain/”]
まとめ

私は自分の仕事道具を大切に扱える人は素晴らしいと思っています。

今まで靴の手入れを行ったことがない方もこの記事を読んで少しでも手入れやってみようかなと思ってくださる方がいたらうれしいです。

最後に私の好きな現代ホスト界の帝王、ローランド様の仕事靴に対する考え方が観れる動画を載せておきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です