ミニマリストの洋服の減らし方

ゆす(@yusublog)です。

服がありすぎて収納するところに困ってたりしませんか。

私も以前は、服がありすぎてクローゼットに入りきらなくてカラーボックスを買ってそこに収納していた時期がありました。

今はかなりの数の服を減らし、カラーボックスを知人に譲りクローゼットもかなり余裕がある状態ですが。

今回は、どうやって服を減らしたのかについてお話していこうと思います。

タンスやクローゼットを見ずに、所持している衣服を書き出してみる

まずは、何を持っているのかノートでもスマホのメモ帳でもいいのでリストアップしてみましょう。

そしてクローゼット、タンスを観て答え合わせです。

この段階でぱっと浮かばなくて書き出せなかった衣服は、あなたにとって必要のない物だと思います。

綺麗な状態だったらメルカリや知人に譲る、汚れていたりヨレヨレになっていたら処分しましょう。

余談ですが、私はヨレヨレになって外で着れなくなったTシャツを部屋着に使用するからといって取っておいてましたが、そう思って取っておいてもほとんど使わず結局処分しました。

今は、部屋着は部屋着用に買ったのを着ています。部屋で誰かに見られるわけではありませんが、ヨレヨレじゃないお気に入りのを着ていると気分もあがります。

1年着てない服を処分する

前回のリストアップで存在は覚えていたけど、前シーズン一回も着てなかった服は処分しました。

一年も着なかった服は大抵これからも着られる機会はほとんどないと思います。

色あせ、汚れ、型崩れしている服を処分する

リストアップもしていたし、前シーズンも着てたけど、色あせてしまっていたり型が崩れていたりしまっている服ありませんか。

服は着ようと思えばずっと着ていられますが、そういった服を着ているのはあなたのイメージがマイナスになってしまうと思います。

お気に入りならば同じ服を買い直すのもありだと思いますが、もう売っていない場合は潔く諦めて処分したほうがいいと思います。

服にも寿命があります。ただ、保管の仕方や洗い方などで寿命は延びます。

服を減らし、その分一枚一枚の服を大切に扱えばお気に入りの服を長く使用できると思います。

一枚ずつ手に取って直観で決める

最後は残った服を一枚ずつ手に取り、これは着たい!これは処分!って分けてました。

ポイントは直観です。深く考えないことです。

気に入っている服ならこれは着たい!ってなるはずです。

いくら考えるなといっても、それほどでもない服はちょっと悩むはずです。

「うーん、まだ着れるしな」「着るかもしれない」「もったいないな」

色々浮かんでくると思います。が、そういう服は自分のお気に入りの服ではないということです。処分!といって処分しましょう。

まとめ

ここまでくると、手元にはお気に入りの服だけになっていると思います。

クローゼットもだいぶすっきりしてませんか。

あとは定期的に今回のように服を見直して整理していけば、いつもお気に入りの服しかない状態になると思います。

ちなみにですが、 服を制服化して毎日同じ服を着るミニマリストの方や服の枚数をしっかり決めているミニマリストの方もいますが、私は制服化もしてないですし持つ枚数も特に決めていません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です